考えていること

高級ではなく恒久な住まいを

より良い家をリノベーション、新築するには、より良い素材が必要です。
現在は、価格が安い輸入木材が手に入り安いために多く使われていますが、坂口サン建築では素材にこだわり、工法にこだわり、

「高級ではなく、恒久な住まいを」

をコンセプトにより良いリノベーション、新築を提案しております。

良い素材とはなんでしょう。当社では鹿児島の風土にあった素材で、環境に優しく、人に優しい家づくりを目指し素材を厳選しております。真剣に素材と向き合うことが大切なことと、沢山ある素材の中から「どこに何を使うのか」、「どんな風に使うのか」を丁寧に選び、ご提案しております。
リノベーションの場合も、現地調査し必要であれば、設備のやりかえの提案など、できるだけ先のことを考え、ご提案させていただいています。

素材に関してのご紹介はこちら

職人

坂口サン建築では、工務店として、少数ながら自社社員大工を擁し、瓦、左官、建具、畳屋などの職人を束ねて家造りをしてまいりました。
家づくりには匠の技が不可欠です。たとえば、大工が扱う構造材。構造材となる木にも1本1本クセがあり、そのクセを見極めて適材適所に使用することが木を活かすことになります。こうした素材を見る目、活かす技は簡単に習得できるものではありません。長年、素材に接し、扱い、家づくりに携わることで培った経験と知識が「長く住み続けられる家」、「住み継ぐ家」をかたちにします。
先代からの徹底した指導の下、技術を磨き、常にお客様の住まいへの思いに応えられる自慢の職人です。
リノベーションでは、建物が真っ直ぐしていなかったり、劣化なども多数あります。大工の「腕」が恒久な住まい作りには欠かせません。
坂口サン建築では、住まい作りに欠かせない「職人を元気に」を合言葉に同じ考えの職人のネットワークを作るようにしています。
また、現場の職人さんにいつでも声おをかけて欲しいという思いから、自社職人にはマークをつけ、すぐわかるようにさせていただきます。
いつでも気軽に現場に来て、棟梁に相談できます。実際に現場で見ながら、わかることも多くあるので、足を運んで相談しながら、作ることができます。

坂口サン建築の職人たちはこちら

 弊社がある鹿児島県鹿児島市下伊敷栄門地区は、栄えた商店街でした。
国道が通ることや、大きな水害があったことで、どんどん衰退していっています。建物も空き物件も多くあり、どんどん寂しくなってきています。
この状況を私たちは考えていくようにしています。
遊休不動産をリノベーションすることにより、新たに価値を生み出します。どう使われるかも考え、提案させていただきます。建物を考え、街を考えます。今ある良いものを活かしたり、新たに価値を吹き込むリノベーション や、新築であれば、その土地を活かすことをお客様のご要望と一緒に考えます。まちにも、お客様にも良いものをご提案させていただきます。
そのものだけではなく、まちにどう影響していくかを大事にしていきます。

Otonari

鹿児島下伊敷にまちの拠り所となる、シェアキッチン 『otonari』を弊社の隣の遊休不動産をリノベーションし、開業いたしました。
ここを借りて、事業を起こしたい、この町にこんなのがあったら良いのにを形にできる場所として作らせていただきました。
日替わりで、変わるシェアキッチン から、まちの遊休不動産を使ったリノベーションまで、一緒になってできるようにと考えています。
懐かしい光景を残したまま更新していく。それも恒久な住まい作りにつながると考えています。新しくした方がいいものもあれば、リノベーションでとてもよくなるものなど、見極めて、ご提案していきます。空き家をどうしようか、新しく恒久な家を作りたいなどお気軽にご相談ください。